婚活では、パートナーに求める条件としてお金より愛情が大切!

婚活(結婚活動)をしている人のなかには、パートナーに求める条件と・・

  • 婚活では、パートナーに求めることとしてお金以上に愛情を優先したいと言う人もいるかもしれません。ですが、現実には、プロフで一番最初に目が行くのは顔です。次に年収(経済力)、その次に職業です。その根拠は、容姿がひどい、は候補にもならず、年収が500万円以下の男性は女性との出会いのチャンスが少なくなります。職業に関して女性の場合だと、若さを武器にできない年齢で家事手伝い、なんて書くと、家計を助ける気がない、と男性に見られてしまい、結婚相手としてはずされる可能性が高くなります。こういった婚活で重視されることを理解できていないと、まず第一段階である会って話をするチャンスすらなく、失敗続き、と最悪な状況に陥ってしまうかもしれません。

  • インターネットの婚活サイトの会員になって、そのサイト・・

  • インターネットの婚活サイトに入会し、知り合って、交際することになった女性と主人の知り合いが、ついこの間、結婚しました。その人は旦那と年代が同じで(主人は40をとうに過ぎています)周囲からは、「一生独身でいる」なんて思われていたそうです。ですが、実際には独身をとおすつもりだったわけでもなくただ単に素敵な相手と知り合えるチャンスがなかっただけのようです。結婚することになった、と聞いた際は主人も、ビックリしてしまったそうです。と同時に、良い結婚相手が見つかってよかったと、誰もが思ったそうです。40代で売れ残るところだったのに、結婚できて良かったと旦那も言ってました。後から、聞いたところによるとその男性は、諦め半分で婚活サイトの会員になったようです。失敗を恐れず、婚活サイトにゆだねてみるのも悪くないかもしれないと感じました。婚活サイトの存在は、必然だ、と身近な事例を見ると痛感してしまいます。面白いサービスですよね。

  • お見合いパーティーなどの婚活イベントには色々な方…

  • お見合いパーティーなどの婚活イベントにはいろいろな方々が参加されています。婚活イベントにも関わらず、女友達や合コン相手を探している人もいらっしゃいますし、心底、本来のイベントの意図に沿って交際する相手や将来の結婚の相手を求めている方々も、もちろん大勢いらっしゃいます。女友達とかコンパの相手を見つけに来た場合は、今後の婚活につながることもあります。一方で、参加者の中には熱心に付き合う気持ちなど全くなく、その日1日だけの遊び女性を探していることも非常に残念ながらあるそうです。私がイベントで出会った男性の中に、「今晩一緒に過ごしませんか?」と口を開くなりすぐ尋ねてきた男性がいました。思わず「は?」と聞き返してしまいましたが、その男性は「夏なので解放された気分になるから、僕と同じで、女の人もそういう気持ちで来ている方が必ずいると思う」という訳だったのです。正直、ドン引きしてしまいました。私は当然断ったのですが、私を誘ったその男の人は最終的にはカップルが成立していたから、女性の方にも実際ににそういう考えの人がいた訳です。このことは、大変驚いた体験でした。

  • 半世紀もの長いあいだ、ともに生活している仲良しな夫婦のこ…

  • 非常に長いあいだ、ともに生活している仲良しな夫婦のことをおしどり夫婦というが、愛情一辺倒で長く夫婦関係を続けられるわけでは無く、いかに相手の「嫌な部分」を許せるかも関係を続ける上では大切です。結婚してもすぐに別れてしまうパートナー同士の場合、その元凶となっているのは、パートナーを許容できない出来事があるのでしょう。結婚生活の場合、当然、毎日顔を合わせるので、愛する人ができても今まで、すぐに長続きしないことが多かったと自覚のある人は、相手のちょっとしたしぐさや、口癖といったものにカチンときた場合、時間が過ぎれば、許せるか否かを試してみてください。日にちが経っても、カチンとしまうのであれば、生活を全うできない可能性が高いです。もし、相手の言動に何か引っかかる場合は、結婚したあとに、毎日のようにケンカが絶えず、衝突の火種になることも考えられます。

  • 「婚活サイトは怖くて踏み出せない」という風に先入観を持つ人も多いと思います。

  • 「結婚活動サイトを使ってみたいけど、なんだか怖くて踏み出せない」という風に思っている人もまだ多いはずです。婚活サイトが登場した際は、コミュニティ内でトラブルに巻き込まれる事例や、個人情報などの漏洩など色々とトラブルが頻発しましたが、この頃は、大手上場企業も続々と参入し、様々なトラブルの抑止策が盛り込まれているので、以前のようなリスクを気にすることなく、利用する人も増加傾向にあります。けれどももしも、万全な状態で婚活したい場合は、認知度の高いフェイスブック対応の婚活アプリを活用してみるのも手です。しかも、フェイスブックは、ニックネームでは登録できませんからさらに安全に出会えます。