仮にあなたが再就職をするとき、「Uターン」「Jターン」のように・・

転職を視野に入れたとき、「Uターン」「Jターン」「Iターン」といった形で、…

  • 仮にあなたが再就職を考える場合に「Uターン」「Jターン」において都市部から地方に引っ越したうえで転職したいと感じている人が増加傾向にあり、事実、実践している人も多くいます。今のネット社会では求人情報サイトを用いれば、地方・郊外の求人も手軽にアクセスできます。地方での求人情報では、どうしても大都市よりも少ないのが欠点といえます。ですから、求人サイトだけに頼りすぎるのも考えものです。転職サイトに加え、「地方自治体・商工会議所」といったサイトもマメに確認しておきましょう。「地方自治体・商工会議所」といった役所が開催する転職サポートの情報も見ておくと、良い出会いが期待できます。
  • 昔働いていた会社でのことですが意地の悪い上司に悩まされ、…

  • 初めて働いた会社で嫌で反りが合わない上司に神経を使い、ついにはやっていくのは難しいと考えてその会社を辞め、同業である別の会社へ変えました。上との関係も良好で勤務することができきわめて充実した毎日でしたが、少しずつ会社の売り上げが少なくなり経営統合されることになりました。その統合した会社が驚くなかれ以前働いていた会社で、その上反りが合わない上司がまた私の上司になるそうです。まったく困ったことになりましたが、どれほどご縁があるのでしょうか。当たり前のことですが再度の転職活動をスタートしています。
  • 雇用中は状況が許す限り、周りの人間にバレないよう(ちなみに私自身のと・・

  • 雇用期間にあるときは、可能ならば、会社内の人に悟られないよう、(私の例ですが)雇用期間中に転業の考えのみ早い段階で周りの人間に言ってみたことがあります。が、その顎、求人サイトをあれこれ見ていったものの、悲しいことに転職先やタイミングさえも何も決まらないまま、時間だけが過ぎてしまいました。その一方で、会社の側は、業務の引き継ぎ予定や手続き、私の退職日などが続々と確定していき、最終的に、「退職予定日に合うように、転職先を見付ける」という、なんとも本末転倒な結果になってしまいました。ですが実際には内定をもらったその会社を蹴り、失職期間を経験し、次の就業先を見付ける活動をはじめました。
  • 転職エージェントや転職サイトなどを活用して、転職活動を行う人はますます増えています。

  • 転職エージェントや転職サイトなどを活用して、転職活動することは今では常識といえるかもしれません。より確実に良い仕事を探したいのであれば、その上に転職フェアを活用するのがいいでしょう。多くの企業が一堂に会することから、そこに足を運べば複数の企業の情報に触れることができ、そして、その場にいるスタッフ(説明員)から、企業の個性を伺えるはずです。仮に、転職フェアに行く際には、面接を受けるのと同じように企業の人に好印象を与えるように心がけましょう。もしもフェアでの交流の中で自分の魅力が企業に伝われば、後日実際の面接時に大きなアドバンテージになるでしょう。
  • 自分のスキルを活かして再就職をしようと考えているのなら…

  • 今の自分のスキルや資格を武器に転職活動する場合は、比較的、そのスキルがプラスになる転職しやすいジャンルとそうでないものとを知っておくと仕事選びに役立ちます。すんなりと転職がかなう職種としては、慢性的な人手不足に陥ってる医療や介護系の仕事が代表でしょう。医療・介護系の仕事は看護師および介護士の「資格」が必要で、ハードルが高めの業種ともいえます。今現在、医療従事者として勤務している人が、仕事に対しての不満によって、他のジャンルへ転職してみたいと思う場合は、すぐに行動するのはキケンです。「医療」「介護」以外の大半の業界は、人材の流動性はかなり低くなります。ですから、簡単に考えない事が必要です。異業種への再就職を希望するなら、異業種ではなかなか厳しいものになると気をつけましょう。