転職を予定しているのなら今働いている会社を辞める時に…

転職に先立って現在勤務している会社を辞める時に失業保険の給付を受けるために手続きをしなければいけませんが・・

  • 転職を行う際、現在勤めている会社を辞める時に失業保険の給付を受けるために手続きをしなければいけませんが、もしも自分の都合により退職願を出して退職する、いわゆる自己都合退職の場合は、即座に失業保険が出るのではなく手続きをしてから、失業したことを認められてから3か月経ってやっと給付があるのです。よく勘違いして辞めた次の日からちょうど3ヶ月で受け取れる、と誤解しないようにしましょう。この規則を間違って理解している人が、ハローワークの職員と言い争っていたのを過去に見たことがあります。ちなみに、労働者側の都合ではなくリストラのように、「会社都合」での解雇のときは、失業認定を受けたのち即座に失業保険をもらえます。

  • 転職サイトは大規模なサイトの方が掲載される案件がたくさんあるため…

  • 転職サイトは有名なサイトの方がたくさんの企業が掲載されているため、感じがよさそうな2~3社を、とりあえずは転職サイトに登録した上で、勤務地などにチェックマークをいれておき、さらに自動で案件に関する紹介がくるようにしておくと容易に情報収集を行うことができるようになります。とはいっても、最初は登録するのにとても時間がかかるので、サイトに登録する前に、「履歴書」「職務経歴書」を忘れずに準備しておき、そのコピー&ペーストをする形で登録すると手間がかかりません。登録する初日は、少々時間がかかることから、案件の検索や応募だけでも意外と苦労しますが、次回以降は新規案件のみチェックするだけでよいので、後々のためにも、初めの準備に手を抜かないことを頭に入れておきましょう。

  • 求職活動においおいて、ウェブ上で就職を斡旋してくれる業者(エージェント)…

  • 就職活動には、ネット上で就職斡旋してくれる業者(エージェント)に頼ることもありますが、そういったエージェントに登録して転職先が決まった場合でも、失業保険とは何の関係もないので注意が必要です。ハローワークを通さずに就職が決まったとしても失業保険とは無関係なので注意が必要。なお、「ハローワーク」を通じて斡旋してもらって就職したときは、就職のための準備金として、「一時金」を得られたりもします。ウェブを拠点にする就職斡旋業者(エージェント)は、公的機関ではありません。ただ斡旋の報酬として企業から紹介料をもらうだけで、失業保険の給付手続きは扱っていません。このような点を知っておかないと失業中にお金が入ってこなくなるので、気をつけておきましょう。

  • 再就職の際の採用面接では、零細企業であれば「人事」が面接官です・・

  • 転職時の面接では、中堅企業であれば概ね「人事」が面接官ですが、場合によっては、別の人が担当することになります。例を挙げるなら、仕事をすることになる作業部署の一番偉い人、というような課長や部長クラスが当たることになるでしょう。とくに営業系や事務系に転職する場合は資格による人の評価が難しいですから、やはり自身を売り込んでいくことがとても必要であります。面接官の誰からも「この人はしっかり主張するし、それに良い戦力になりそうだ」と思わせ、自分という人間を印象付けることが大事になります。

  • 転職のため職探しをするときに気を付けて欲しい求人情報は・・

  • 転職するため職探しをする際に気を付けて欲しい求人の募集内容は、そこまできつそうな仕事ではないのにも関わらず給料が高く、拘束時間が長いものです。こういった募集の場合、給料に『みなし残業代』を含んで算出しているケースがとても多いのです。みなし残業代は、『みなし』ともいわれ、30時間・45時間というように求人の記載内容に時間が併記されているものです。毎月これくらいの残業が発生するため、前もって給料形態に残業代を組み込んで計算しておくということです。(注意・合法です)もしも『みなし残業代25時間込』と記載されていれば、「記載時間分の残業代を含めると、これだけの給料です」という求人になるわけです。ですが、悪質な求人では、この『みなし』をわざと記載していないこともザラですのでしっかり注意をしておきましょう。