転職候補となる企業での採用面接でのよく思い違いがあるのですが…

転職の際に必須となる採用面接での、やめておいたほうがよいの…

  • 転職活動中の会社での採用面接での勘違いしている人が多いのですが良い印象を与えたいと露骨なまでの猫かぶりしていると、正直に言って採用を勝ち取れないこともあり得ます。そうなる前に例に挙げるならば面接時は、「休暇」といったような、通常であればかなり質問しづらいことを勇気を持って率直に質問しておいた方が、結果的に間違いなくあなたのためになります。信じられないかもしれませんが、「入社前の段階で質問をすると、最終選考に響くのではないか」と危惧する人もいるかもしれませんが、けれども好印象を持ってもらえる場合が多いようです。こういったお金や労働環境に対する内容は、多くの人が知りたい内容なはずです。けれども、不採用を恐れるあまり、なかなか聞きづらいのも事実です。なので、一歩踏み込む勇気があれば「こいつは他と違う」ということで格好の自己アピールとなるのです。

  • 今日はウェブ上では、「就職斡旋エージェント」や、ヘッドハンティング会社も増えてきました。

  • 近年はネット上では、「就職斡旋エージェント」のほかに、ヘッドハンティングを専門に取り仕切る会社も増えてきました。あなたに特許権取得の経験があるなら、そのような会社から電話が掛かってきやすいといます。彼ら(ヘッドハンティング会社)は、特許以外にも、研究開発で論文を提出した実績のある人や、テレビ・雑誌などの「マスコミ」に出演した人など、「業績」を残した人を対象に、電話やメールを使って接触し、ヘッドハンティングのネタにしようと企んでいます。万が一、あなたがヘッドハンティングの連絡をもらったのであれば、過去を振り返って、きっかけを考えるべきです。そんなにはないことですが、ヘッドハンティングと称して、登録料を要求してくる業者もあるらしいですが、そのような会社はむろん嘘であるので無視しておくのが無難です。通常、ヘッドハンティングは、登録企業が報酬を支払うだけで、転職希望者が負担するものではありません。

  • 失業者がもらえる失業保険は、失業のあいだが給付条件ですが…

  • 失業時にもらえる「失業保険」は、もらうためには失業中であることが必要ですが、給付される期間について規定があります。失業時までに勤務していた期間によって違い、90日とか120日とかが決まるのですが、驚くことにこれを知らずに期間の制限がないと勘違いして働けば失業保険がもらえなくなると考えて仕事を探さずにブラブラしている人もいますが、給付期間の終わり際にやっと自分の誤りに気付き大急ぎで就職先を探し始めても条件のよい仕事を探すのは困難です。転職を希望している会社の面接官もアホウではないので、失業中に何をしていたかについて大よその想像が付く。ヘタをすると、面接時に失業中何をしていたのかことごとく聞かれます。答えに困ってとんでもないことを言ってしまったりすると、受かるのは難しいでしょう。

  • 職を変えた際には、だいたいの場合はそれまでの仕事は記憶は大方、美化されます。

  • 転職した場合には、高確率で前職の記憶は大方、美化されます。実際のところ現在の会社に向いていないと感じたから、それを解消するためにやっとのことで退職を決め、転職を決意したはずなのに、過去を振り返るとなぜかわからないけれど「前の仕事のほうが良いのでは?」と思ってくるのです。至って自然のことで、前職は仕事をこなすことに慣れていてきちんと日常の業務がたやすくできていたのももっとも根底にあるはずです。実際は「転職するんじゃなかった」と心底思うほど、前の職場のほうが職場環境や待遇が良いことがあります。

  • 万一あなたが、現職からの転身の決心をしたのであれ…

  • 一度、現職からの転業を決心を固めたなら、あくまで社内の人間にはひそかにその意思がばれないように、転職活動していき、現職にいるあいだは、できるだけ周囲に気づかれないように通常通りに振舞うのがたいへん利口です。転職先が決まっていない間、その状態をキープしていれば、希望通りに良い転職先をすんなり見つからなくても、転身を持ち越しながら、現職をそのまま継続しても何も問題ありません。そうではなくて、ついつい「転職するつもりでいる」と言ってしまうと、会社は、それを受けた対応をし始めます。それに加えて周囲に「辞めるつもりです」と一言でもいえば、社内では「あの人はもうすぐ辞める」と見なされます。ですがもしも、転職の気持ちが冷めて、「やっぱり辞めないことにしました」となっても、「一度は仕事を辞めようとした人」ということで仕事を続けている間、立場が悪くなる思いををするかもしれません。