再就職する場合の面接でだいたい投げかけられるのは職場を辞め・・

転職をする場合でほとんど問いかけられるのが以前勤務していたところを退職した…

  • 再就職をする時に面接で高い確率で聞かれるのが前に働いていた会社を退職したのはなぜか、という話です。この質問が出た際には話の内容を退職した会社のことにしない方が安全です。辞めた理由にスポットを当てるとどうしてもマイナス要素を取り込んだ内容になってしまいます。どのように進めればいいかというとどうして前の職場を辞めたかという点をぜひともこちらの会社に入りたかった理由があるという感じの話に持っていくということで、面接に来た方の会社へ話を向けるべきです。その会社の話であれば、マイナス面を消し積極性を前面に押し出した前の職場を去った理由にすることができます。
  • 求人をチェックする際、「事務系の仕事をしたい」という人ほ・・

  • 求人に関する情報をチェックする際、例えば、事務系の仕事がしたいからと、はなから製造業をスルーしてしまっています。そのような人のほとんどは「製造業は現場で製造する仕事しかない」と誤解しているのです。事実、製造業の求人でも、現場に出る製造の仕事だけでなく、経理、総務などの人材募集をはじめ、購買、営業管理といった「事務系」の仕事がたくさん存在します。ですが、製造業の職場自体、オフィス街のような雰囲気はないのでアフターファイブを楽しみたいと考えている人にはその箇所がマイナスと思うかもしれません。でも、自分のこだわりを捨てることによって意外な発見があったり、スキルアップのチャンスがあるかもしれません。
  • 新たな勤め先でこれまでに培われてきた資格やキャリアを活かすことができれば、…

  • 新たな職場にてそれまでに培われてきたキャリア・スキルを生かせたら、即戦力として仕事を任してもらえ、すぐ職場内に自分の居場所ができ、また会社としても、そのような人材は常に必要なので、時期さえ合致すれば、簡単だといえます。それに加えてかつての働いていた職場と似ている仕事内容なら転職すること自体すんなり行くはずです。ですが、それなりに能力があるといっても大手の事務系、公務員(国家・地方ともに)の募集については、いつの時代も、かなりの競争率となるのは間違いないでしょう。
  • 現在の自分の職場や業務について不満に思っていることの中に、…

  • 今の自分の仕事や勤め先に関して、多くの人は不満を感じていると思います。「自身のスキルや仕事での能力を正当に評価してくれない」または、「給与はアップしないし、出世の見込みもない」といった点が多くを占めるでしょう。ですが、そのように思う人の一部には自らの本来の才能を実際よりも「過大評価」しているケースが少なくありません。仮に、自分を過剰評価していることに気が付いていない人が転職活動をした場合、自分に合った求人がないと、仕事をしないブランク期間が長引くおそれがあるので、要注意です。という事態を招く可能性も少なくありません。ですから再就職をスムーズに行うためにも、実際の自身の能力を厳しい目で客観的に評価してみてください。
  • 仕事をするために派遣会社に登録する人が徐々に多くなってきています。

  • 派遣会社に登録して仕事をしている人が近時多くなっていますが、派遣先が派遣会社にいくら支払い、そのうちどれだけがあなたに入るのかを極力面接のときに聞いておいた方がいいでしょう。派遣会社は、労働者を必要な会社に派遣してその見返りに手数料を徴収する仕組みです。派遣会社の多くは、派遣される労働者の取り分を曖昧にしています。5割以上の額を労働者に還元しているのであれば、まだいいのですが、中には開示すらされないところも少なくなく、酷い場合は、2割しか支払われていなかったということも多くあります。なお、面接のときに答えてもらえないような会社は、いろいろ不都合なことは隠す体質であることが多いので、なるたけそこを利用するのを止めておくのが賢明です。