現実に失業保険を給付してもらうためには、活動していることの証明が必要になる…

現実に失業保険の給付を受けるためには、仕事を見つけようとしていることを証明しなくてはいけません。

  • 失業保険の給付においては、客観的な意味で、求職活動をしている姿勢を見せる必要があります。が、「会社に行かなくて良いし、しばらく遊びたい」と考えるのが現実でしょう。というワケで、心から次の仕事先を探しているように見せることができるので教えておきます。月一回の「ハローワーク」での面談は言うまでもなく必要ですが、その場にて、求人票を閲覧することが最低限やっておきましょう。本気で探すモチベーションがわかないときは、求人票で職探しをしているフリをして、ハローワーク職員との面談の際に、「納得できる条件の仕事や自分の能力を生かせる仕事や、希望する求人が意に反して今回はありませんでした」と相手に言い、次に期待しましょう。

    新卒で入社した会社を退職し、悩んだ結果、転職しました。

  • 新卒で入った会社を辞め、転職すると決意しました。会社を退職したときは、1人で悩んでしまいました。ですが、新卒採用で入社した会社を退職し、中途採用で働いている人が大多数だと私自身が転職したことで知り、無意識のうちに漠然とした不安が無くなりました。また転職をしたことで自然と肩の荷が下りる気持ちになり、「本当に自分のしたいこと」を探す手間が前向きに過ごせるようになりました。いまだに「最低でも5年働いた方が良い」というような転職を好ましく思わない意見もありますが、それが全て正しいとは思いません。私の転職活動は転職してみるも大事だと思いました。

    派遣先の会社が決定しました。就業初日に派遣会社で営業を担当している人…

  • 派遣の仕事が決まりました。仕事の初日に派遣会社で営業を担当している人と就業先の会社近くのコンビニで待ち合わせたところ、なぜか店の前にいなかったので店の中にいるのかもしれないと思いコンビニの中に入ってみたところ、こともあろうに雑誌コーナーで座り込んでいやらしいグラビアのページを開いて読んでいるところを発見しました。こんな人が担当者だなんて人間としてプライドが許さないことと考えて、挨拶することもなく気付かれないようにコンビニを出て即刻派遣会社に辞退の連絡をしました。

    一般的に大業は「定期採用」がメインです。ですから、転職で入りたい場合は、時期を考慮しなくてはいけません。

  • たいていの場合は大企業は、「定期採用」で人材確保することが多くを占めるため、転職で入る事は容易ではありません。加えて、都心を離れるとその可能性がずっと低くなりそうです。でも、製造業に関して言うと、地方の工業団地のあたりに工場を置いている多々あります。さらに、そのような工場の場合、事業拡大などの際に「人員募集」を併せて行っているので、そういった機会を捉えるのです。地方の工場を転職に考える場合、転職を希望する企業についての情報をあらかじめ得ておきましょう。その会社のホームページをチェックし、求人予定の有無など、しょっちゅうチェックすると良いでしょう。

    転職の時にする面接ではクールビズでもOKとと伝えられる場合もあるようです。ですが…

  • 再就職の時にする面接ではクールビズで良いとと言われる場合がありますが、なかには、クールビズのスタイルで赴くのは本当は駄目なのでは?と疑う人もいます。そのような思いを抱え込んでしまっている人たちに言っておきたいことが、会社側からクールビズで良いとされた面接のときは伝達事項をそのまま守った方が良いです。迷ってしまい、真夏であるのも関わらずスーツを着用すると面接担当者にに不自然に思われますから、企業側からクールビズでお越しくださいと事前に聞かされたのならクールビズで大丈夫なのです。