転職活動をするという時は、良いと思う求人(もしくは業種・・

あなたが転職活動中に、気になった求人(または職種)を見つけた際に…

将来転職活動をされるなら、気になった求人(または業界)を見た際にしっかり「〇〇業(気になる職業)、ブラック」とインターネットで検索しておきましょう。求人票や担当してくれる転職エージェントでは、業界のマイナス点は、知ることができない、と思っておくべきです。もしも、ブラック企業体質な業界であれば、ネット検索で瞬時におおまかな実態を理解できます。そうした面を知らずに入社した場合、後々にしっぺ返しを食らう可能性が高いです。そもそもその求人募集が出ている理由が「仕事内容がキツイから入っても続かない」というケースがかなり多いため、気に入った案件や業種については、注意してください。

転職をスムーズに行いたい場合、相応の準備はしなければなりません。

転職を進めるには、準備はやらなくてはいけません。一言で準備といってもたくさんありますが、なかでも、「ファッション」を気になるところだと思います。しかしながら、今の面接では、形式ばらない服装で良い会社もあるため、「面接はビジネススーツでなくては」と考えて面接に赴く必要がない場合もあります。会社の創立してすぐの歴史のない企業ほど、お堅い規則もないことが多く、私服で行ったほうが、相手先に印象をあたえます。さらに、正装でないので、フランクに会話がしやすくなります。そうして、私服だと面接の際に、洋服の話題に発展しやすいので、もしかしたら担当者へのアピールにもなります。ですので、転職は企業の「創業年数」を確認し、(ベンチャー系企業の)面接の際は私服で勝負してみる、というのもアリかもしれません。

現在、「ブラック企業」に厳しい目が向けられるようになり、…

現代では、「ブラック企業」が社会問題として扱われるようになり、労働条件違反などが厳しく取り締まられたり、悪質な企業は公開されたりと、厳罰に処する傾向にありますが、完全には程遠いというのが現状です。面接で見破る方法があります。ともかく、求人票等に書かれている労働条件をチェックし、ひとつひとつの項目について、色々質問してみることからやってみましょう。「ブラック企業」の場合、記載内容がウソだったときに、返答が詰まります。「その場では答えられない」みたいな逃げ腰になることがよくあります。とりわけ「休日」「給与」「残業」では、この場合はどうなりますか?と質問をしていくと困ったような顔をする場合も多くあります。それでもしつこく聞くとブラック企業によくある高圧的な態度や、ふてくされたような態度を見せ始めるため、ブラック企業だということに気づきます。この手の会社は、募集要項無視し、入社後もふてぶてしい態度を見せることが多いため、この手の会社は、募集要項を守らない上に、入社してもふてぶてしい態度を頻繁に見せる可能性が高いので、少しでもおかしいと感じたら、入社を止めるのが無難でしょう。

人生ではじめて転職をするなら、心がけるべきことは「現在の仕事を変えたい理由…

初めて転職をする際、気を付けるべきことはなぜ今の仕事を去る必要があるのかをはっきりしておくことです。その理由こそが根本の問題になるので、必ずやっておきましょう。そして問題を改善できそうな会社を決めてみましょう。社会に出てからの転職活動は新卒の就職活動とは違って、現在の仕事を続けながら就職活動をしていくため、時間と体力とが必要だと考えられます。問題の明確化ができていない状態で転職活動をすれば、目標の途中で息切れしてしまいます。何がなんでも転職したい、現状に変化を加えたいという強い情熱がないのであれば、転職活動の開始はやめておくのが得策です。

これはシフトのある仕事についての話なのですが、毎週、一定の…

これはシフト制の仕事についてです。毎週、一定の曜日に勤務できる人を募集している求人をよく目にするのですが、もし、応募しようと思っているならシフトの提出方法や休み方をあらかじめ確認しておくべきです。以前わたしは出産のため休む人の代役として、正社員として入社したのですが、そこでは「土曜、日曜」固定のシフトだったのですが、他に誰も来ず、私一人だけで現場を任されるだけでした。産休に入った前任者が「土曜、日曜」に必ず出れる人だったので、私自身も出勤できると思われていたようです。実際「土日」に外せない用事が入ると、シフト変更を出す必要があり、同じ部署の先輩方に「代わりに出ていただけませんか?」と私自身が連絡を入れなくてはいけませんでした。立場も給料もほとんど同じなのに土日を私1人だけに任せるって、どういうことなのでしょう?思い出すと「よく耐えた」と自分でも驚きです。