転職を行うにあたって、失業保険の給付を受けるために手続きをしなければいけませんが…

転職に先立ち現在働いている会社を辞める時に失業保険の給付を受けるために手続きをしなければいけません・・

転職をするために現在勤めている会社を辞める時に「失業保険」を受け取るための手続きをしておく必要がありますが、もしも自分のほうから退職届を書いて会社を去る、いわゆる自己都合退職のときは失業保険は即座に給付されるのではなく手続きをしたのち、失業したことが認められてから3ヶ月経ないと実際に受け取ることができないのです。ですので、会社を辞めたその翌日からちょうど3ヶ月で受け取れるワケではありません。実際にそういった間違いをした人が、ハローワークの職員の方が間違っていると主張してそれが原因となりハローワークの担当者とトラブルを起こしているのを見たことがあります。例外として、リストラなど会社の都合で退職するケースでは、失業認定を受けてから直ちに失業保険がもらうことが可能です。

「転職サイト」は、大手が運営していたほうが豊富な量の案件が掲載されているため・・

転職サイトは、大手企業が運営しているものであるほど豊富な数の会社が掲載されているため、だいたい2~3社ほどウェブ登録して、勤務地・年収などの条件を事前に設定しておき、あとは条件に合った求人情報が自動的に通知されるように設定しておくと楽に情報収集を行うことが可能になります。初回だけは登録が少々面倒くさいのでサイトに登録する前に、「履歴書」「職務経歴書」をしっかり準備しておき、そのコピー&ペーストをする形で登録すると便利です。登録の初日は、けっこう時間がかかることから、案件の検索や、その後の応募も大変に感じるかもしれません。が、その後は、新着案件のみチェックするだけで大丈夫なので、次回以降の応募を楽にするめにも、初回の準備を抜かりなく行うことを心がけましょう。

求職活動においおいて、ネットでのエージェントのお世話になるケースもあります…

職を探すのに、ネット上で就職を斡旋してくれる、通称「エージェント」を利用する場合もあるでしょうが、あなたがその種の業者に登録したことの結果として就労先が見つかったとしても、失業保険を受け取ることはできないので気を付けましょう。ハローワークを通さずに就職しても失業保険は給付されないので覚えておきましょう。一方、ハローワークを経て斡旋された会社に就業したときは、就職のための準備費用として、一時金を得ることができます。ネット上で展開している就職斡旋業者(エージェント)は、公的の機関でありません。斡旋の報酬として企業から紹介料をもらうだけで、失業保険とは無関係です。押さえておかなければ、失業中に給付金を手に入られないので、そうならないように気を付けましょう。

再就職のための面接では、小企業だったら概ねその社内の「人事」担当が面接官です・・

再就職のときに行われる面接というのは、零細企業クラスの場合概ね「人事」が面接担当になりますが、100%ではありません。直接、今後仕事を一緒にしていく責任者、要は管理職である課長や部長が面接を担当する可能性も考えられます。中でも営業系や事務系に再就職する場合は資格だけでは具体的なイメージはありませんので、結局のところ自分を売り込んでいくことが必要であり大事なことです。面接官の誰からも「この候補者はハッキリ自己アピールできるし、頼りになりそうだ」と思わせ、記憶に残すことがとても大切です。

転職のため職探しをする際に特に注意が必要な求人内容…

就職のため職探しをする場合に注意が必要な求人の募集内容は、そこまできつくなさそうな仕事なのに給料が高く、拘束時間が長いものです。こういった求人内容は、給料に『みなし残業代』が含まれているケースがよくあります。みなし残業代とは、『みなし』とも言い、30時間とか45時間といった形で(時間は例えです)求人の内容に時間が書いてあります。毎月これくらいの残業が発生するため、最初から給料形態に残業代を組み込んでおく、といったことです。(ちなみに、これは合法です)例えば求人に『みなし残業代20時間込』とあれば、「書かれた時間分の残業代を入れると、これだけの給料です」という求人になります。でも、悪質な求人は、告知しておくべき『みなし』を表記していないこともあるので要注意です。