仕事辞めたい言えない、看護師のあなたへ

責任感が強く・真面目だから仕事を辞めたいといえない。

あなたの考え方は、とても素晴らしいです。自分のことよりも周りのことや患者さんのことを考えると仕事を辞めたいと言えない。

頑張ることも大事ですが、責任感が強く・真面目なあなたはすでに頑張ってきました。
あなたの健康が第一優先です。

周りの人間関係や環境を変えることは不可能に近いくらい困難なことです。しかしあなた自身のことは変えることはできます。

仕事を辞めることは悪いことではありません。あなたの権利です。あなたを必要としている仕事は必ずあります。

このまま悶々とした気持ちで仕事をしていると、あなたがダメになってしまいます。

法律では退職の意志を表示して2週間で辞めることができます。

民法
(期間の定めのない雇用の解約の申入れ)
627条
1 当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申し入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申し入れの日から2週間を経過することによって終了する。

問題は退職の意志を示しているのに辞めさせてくれないことです。あなたの責任感や真面目さを逆手に取り人手不足を理由に引き止めると思います。

退職を認めてくれないケースは非常に多いです。看護師奨学金制度を利用したことを理由にする場合もあります。いわゆるお礼奉公

退職するなら一括で返済を求めてくることもあります。

労働者には、原則として退職の自由があります。(民法第627条)
また、勤める期間を決める場合は、原則として3年を越える長い期間に決めることはできません。(労働基準法第14条)

お礼奉公に関しては法律的にグレーな部分もあります。

どうしても仕事を辞めたいと言えない
仕事を辞めることを認めてくれない
強く引き止めにあっている
看護師奨学金の一括返金を求められる
賠償金を求められる

このような場合、あなたが自分で交渉するより第三者に間に入った方が解決が早いです。特にお金が絡む場合は法律的なこともあるので専門家にお願いするのが得策です。

会社はあなたの責任感・真面目さの感情に訴えてきます。そうなるとずるずると引き延ばされていきます。

弁護士・労働組合の退職代行サービスを利用してみてはどうでしょうか?弁護士・労働組合はあなたの代理となって会社と交渉することが可能です。

弁護士・労働組合の退職代行サービスで事務的に交渉したほうが双方とも納得した解決が早いです。

気を付けてほしいのは、一般法人の退職代行サービスを選ばないことです。詳しくはこちらの記事で解説しています。参考になれば幸いです。

想像してください。
生き生きと前向きに仕事をしているあなたを!

広告