仕事辞めたいと言えない、薬剤師のあなたへ

真面目で責任感が強く周りに迷惑をかけてしまうと思ってしまう優しいあなた。

その思いはとても素晴らしいものです。

薬剤師は専門性の高い職種で、小さなミスでも人の命に係わる仕事です。

薬の種類は膨大な種類があって場所を覚えるだけでも職人の技が必要な仕事です。

しかもお客様ともコミュニケーションをとらないといけないし、狭い場所で同じ薬剤師と協調して働かなければなりません。

ミスが許されないのとスピードも求められます。

こんなことをすべて完璧にできる人はいません。これでは心を病んでしまいます。

周りの人や環境を変えるのは不可能に近いくらい困難です。

だから自分が変わらなければいけません。その一つとして退職するがあります。

しかし、薬剤師は人手不足の職場です。あなたが退職すると代わりの人材がなかなか見つかりません。

ここが通常の仕事と大きく違うところです。

あなたが退職するというと強く引き留められることが予想されます。

周りの人に迷惑が掛かるとかあなたの気持ちに訴えかけてきます。

あなたは強い引き留めを心を鬼にして振り払わなければいけません。

あの手この手の条件を出してきてあなたを引き留めます。

消耗しているあなたはさらに消耗します。

時間ばかり過ぎていき何も解決できません。

事務的に解決する方法があります。

退職代行サービスを使うことです。

もちろん自分で退職の意志を伝えることができればそれがベストです。

しかし、思っていることが言えなかったり、有給休暇の消化、未払いの残業代の要求、退職金の有無などは交渉しなければいけません。

退職の意志を示した後に顔を合わせて話し合うなんてつらいことです、あなたはつらいから不公平な要求を受け入れてしまうかもしれません。

近年、退職代行が盛んに使われるようになって知名度が上がってきました。

退職代行は弁護士がやっていたサービスで以前からありました。

弁護士以外の企業が参入してきて知名度が上がりました。

あなたの問題を解決する一つの方法です。

薬剤師は退職代行で辞めちゃダメ!
退職代行を使って後ろ向きに辞める必要はない。
自分で退職できないなんて甘えで非常識だ
お金がもったいない

このように言う人もいますが、立派な考え方です。正論を振り回して、自分は正しいことを言っていると満足でしょう。

その言葉があなたを追い詰めて、気づつけていることなどお構いなしです。

人間は完ぺきではありません。失敗するし間違えます。失敗しない・間違えないのは「神」か「何もしない人」だけです。

失敗してもいいのです。間違えていいのです。「にんげんだもの」大切なのは失敗・間違いを経験として次に生かすことです。

本当につらいときは逃げていいのです。退職は退職代行に任せてあなたの悩みから解放されてください。

そして、次の新しい世界を探してください。

あなたが生き生きとやる気をもって働ける職場が必ずあります。

想像してください。
生き生きと前向きに仕事をしているあなたを!

最後に、薬剤師という職種は誰でもできる簡単な仕事ではありません。職場とのミスマッチであなたが薬剤師自体を辞めてしまうことは大きな損失です。薬剤師は私たちのくらしに必要な職種です。これからも薬剤師として働いてくれることを最後にお願いしたいです。

広告